カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンドとデビアス社
 ダイヤモンド産業は、イスラエルの建国以来、重要な産業。
 宝石に縁のない者だけれど、ダイヤモンドには関心がある。
 テルアビブの近郊のラマットガンにある、ダイヤモンドセンターの内部にも入れてもらった体験で、意外に黒服の宗教家のバイヤーがいることを知った。

 ダイヤモンドの原石と流通を握っているのは、有名なデビアスという会社。

 南アフリカで20世紀初頭から、ユダヤ人のオッペンハイマー家がアングル・サクソン・コーポラーションをつくり、やがてデビアスの資本を支配。アングロ・サクソンは、現在も、非鉄鉱山資源の世界的メジャーである。
 
 最近のニュースで、アングロ・サクソンがオッペンハイマー家所有のデビアスの株40%を取得し、合計で85%の株主となり、デビアスの経営を支配するという。

 もともと、アングロ・サクソンとデビアスは深い関係にあり、今回の資本移動も、それほどびっくりすることではないだろう。
 ただ、ダイヤモンド業界は、デビアスの独占は崩れ、ロシア、インドなどの進出が進んでいるようだ。
 ロシアのダイヤモンド業界の雄は、レヴ・レビエフというユダヤ人である。その富をもって、イスラエルを支援している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/998-37f6eac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。