カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッバス「アラブの1947年国連分割案拒否は誤り」
 パレスチナのアッバス議長は、ついに「1947年の国連分割案をアラブが拒否したことは誤りであった」と認めた、という記事がネット紙Ynetnewsに載っていた。(10/29)
 もしあの時、アラブ側が分割案を受けいれていたら、今頃パレスチナ国家は存在したのに、というのがイスラエルのずっと言ってきた主張である。
 当時、アラブ諸国はイスラエルを抹殺しようと、膨大な軍をもって攻めてきた。そして戦争に敗れたのである。

 アッバスは、イスラエルのチャンネル2テレビの特別インタビューでそうもらした。
 また、オルメルト元首相との交渉で、ほぼ交渉の妥結に近づいていたとも語っていた。
 オルメルトが、汚職容疑で退陣したために、和平交渉は挫折した。

 この一件は、アメリカのライス元国務長官の回想録No Hogher Honorが出版されることになって、急にスポットライトが当たっているようである。同書は11月1日発売で、話題を呼んでいる。
 ブッシュ政権時代の外交がきっと生々しく露わになるだろうという期待である。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/987-ea18d88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。