カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンは何ですか 猿まね日本人
 私がハロウィンなる行事のあることを知ったのは、42年前。
 たまたま、ロサンゼルスに白人の家に住み込んで、UCLA大学院に通い出した頃であった。子供たちを含めて、というか子供たちのために、飾りをして楽しんでいたようだ。あの、カボチャをくりぬいたランタンがシンボルである。聖書を愛読する身だったが、こんな変なお祭りは聖書のどこにも出てこないぞ、と疑問に思ったのであった。

 本来、キリスト教とは関係ない、昔ケルト系民族の民俗宗教から始まったらしい。10月31日が暦の最後の日で、この日には死者の霊もやってくる。精霊や魔女から守るための行事だったとか。キリスト教が伝道されたとき、異教の風習も容認されたのである。
 なんだか日本のお盆にも似た、祖先礼拝や自然と共にあった古代人の信仰のなごりみたいである。
 カトリックでは、11月1日を万聖節(諸聖人の日)としている。 All Hallows のその前夜(イヴ)というのがなまって、Halloweenとなったという。 (ウィキの説明による)
 キリスト教伝道のテクニックの一つだったのだと思う。

 今では、日本でも知られている。なんでもアメリカではやっていることを取り入れるのは、どうかと思うが、花屋の店先にあるカボチャを見ると、ロサンゼルス時代の若き日を思い出すのである。

 なんで今頃、日本でもてはやされるのかと考えると、どうやらディズニーランドからではないか、それから商魂たくましい連中が流行らしたに違いない。軽薄ではないか、意味も知らないで、真似をするのは。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/986-947ef7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。