カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「主の祈り」のヘブライ語表現
「主の祈り」のヘブライ語訳を載せてほしいとのご要望があり、慣れぬ表記を練習しました。
まず、少しずつ打ちます。
אבינו שבשמים יתקדש שמך
תמליך מלכותך
יעשה רצונך
בשמים ובארץ

発音:アビーヌ シェバシャマイム イトカデシュ シムハー
   タムリフ マルフトハー
   イェアセー レツォネハ
   バシャマイム ウバアレツ

 訳:天にいます 我らの父よ 御名が 聖とされますように
   御国を 統治され続けますように
   御心が 行われますように
   天においても 地においても

 注:「御国が来ますように」という訳は、聖書の思想に合いません。ヘブライ語でもありません。「マルフート」に「あなたの」の接尾辞がついて、「マルフトハー」となります。それを神が治めるマラフことを願うわけです。聖書は「主が世々限りなく統べ治める」(出エ15・18)の信仰があり、詩編でも「主が治める」という思想は一貫しています。イエスには、「御国」がまだ来ていない、という思想はありません。

 次に、「御心が行われますように」は前の句と並行表現になっていて、詩では対句といわれるものです。ギリシア語から判断すると、ハヤーかアサーが当てはまります。この場合は、アサーの受身形で、ニッファル態のイェアセーを使いました。
 「天に・・ように、地にも・・」という箇所は、対句で簡潔に言われていると思われます。ヘブライ語では、天と地はいつもこのように並行で言われます。ギリシア語の「ようにホス」が使われたのは、跡の12節に引きずられた余分な表現でしょう。

まあ、こんなところでおゆるしください。詳しくは『主の祈りのユダヤ的背景』をご参照下さい。(品切れ中)


 
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/10/15 13:52] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/957-49ac7975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。