カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の新国防長官 イスラエルとエジプト訪問中
 米国の国防長官は、7月よりレオン・パネッタLeon Panetta前CIA長官が就任している。この地位は非常に重要だ。
 イスラエルにとっても、沖縄の課題をもつ日本にとっても。

 イスラエルを訪問していて、今日あたりエジプトに行った。

 イスラエルでは、政府要人、特にカウンターパートのバラク国防相との会見が最優先であった。
 イスラエル紙によれば、イランの核開発阻止の問題が第1番目に出されて、決してイスラエルだけで単独の軍事行動に訴えないように釘を刺された模様。

 米国にとっても、イラン問題は大きい。
 日本の外務省は、親イランであるようだが、どう考えているだろうか。国連ではパレスチナ側についているようだ。
 
 パネッタ国防長官は、エジプトではイスラエル・アメリカ両市民権を持つイラン・グラペルという人のために、エジプト政府と交渉するという。数ヶ月前から彼はスパイ容疑で拘束されている。(この人イランはIlanで、国のイランはIranである。ややこしい。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/945-94d29b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。