カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題のイスラエル入植地ギロの真実
 イスラエルがエルサレム郊外のギロ地区での1000戸の住宅建設計画を承認した。
 それで、このタイミングの悪さもあいまって、クリントン米国務長官はそれを非難した。
 もちろん、パレスチナ自治政府もイスラエルが一方的に交渉できない事由をつくっているではないかと、攻撃している。

 確かに、ギロ地区は六日戦争前の境界線グリーンラインの外側に位置する。
 しかし、イスラエルは六日戦争以来、そこはエルサレムの周辺地区と見なしてきて、エルサレムを建設する上での従来の方針を変えたわけでない。違法ではないと、言っている。

 小生は、イスラエル政府の代弁者でも、この建設計画の当事者でもないので、弁護する必要はない。
 しかし、なぜ、そういう論理がイスラエル側にあるのかを推察するのも、そう、いろいろ事情はあるものだと、日本の方々に思っていただくために若干、説明をしよう。

 イスラエルの地理的状況や歴史が分からないと、ピーンと来ないだろう。
 ギロはユダの荒野の一角にある。エルサレムの南西に見える。
 大昔から、聖書にも書かれた地名である。ヨシュア記15・51とかサムエル記下15・12とか。
 イスラエル人になじみであった。ダビデの部将アヒトペルの故郷。
 イスラエル開拓時代に、1930年代、ここの土地はユダヤ人が合法的に購入して、所有していた。
 東北の方角にラマット・ラヘルが見える。
 しかし、1948年の独立戦争の時、ヨルダン軍に奪われて、休戦になると、そのままヨルダンが占領したままにある。よって、いわゆるグリーンラインの外側になった。
 1968年の六日戦争で、イスラエルがヨルダン軍からその土地を奪還した。
 そして、この地域はその後多くの帰還者たちの最初の受け入れ先として用いられた。
 だから縁もゆかりもないアラブ人の地に入植地をつくっているという意識は、イスラエル側にないようだ。

 六日戦争は、エジプトのナセル大統領の無礼傲慢に仕掛けた戦争。ヨルダンもそれに一枚加わった。その結果失ったヨルダン領がギロだ。しかし、そのギロも以前はユダヤ人のものだった。

 パレスチナ側には彼らなりの理由があるだろう。
 戦争には取ったり取られたりの歴史がある。そして、それを負けた側が取り戻すというのは、容易なことではない。だからこそ、直接話し合っての交渉が必要であろう。
 日本にも、戦争で奪われた領土がたくさんある。沖縄のような例は珍しい。これは日米の懇切丁寧な交渉の結果である。北方四島、竹島は占拠されたままだ。

 まず、パレスチナがイスラエルと前提条件なしの交渉の席につくことが先のような気がする。
スポンサーサイト

コメント
No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
[2011/09/28 23:56] URL | ビジネスマナー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/934-3071ecb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。