カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル労働党の新党首は女性
 イスラエル内政の動きを報告しよう。

 イスラエルの労働党と言えば、ベングリオンに率いられ建国前も後も主流派で、国を長い間統治してきた由緒ある政党である。
 しかし、今日は低落し、左翼陣営は分裂状態で、資本主義の流れで貧富の格差が拡大していても、どうしようもない。
 今年は初めまで党首だったエフド・バラクは脱党して新政党をつくり、労働党はさらに弱体化した。

 この時期に、労働党の党首選挙があり、ゴルダ・メイア以来、2番目の女性党首が昨日9月22日誕生した。
 シェリー・アヒモビッツ女史(51歳)である。
 2005年までジャーナリストとして新聞、テレビで活躍していたが、政界入りし、ついにベテランのアミール・ペレツを打ち破ったのである。
 変化を求めるリベラル派の国民の希望が、彼女を押し上げたのか。
 政治信条は明確である。西岸地区の入植に反対。軍事費を教育費に使えという。
 また、社会的弱者、女性や子供への配慮を政治がすべきことを主張し、実施している。
 両親は、ポーランドのホロコーストの生き残り、彼女はサブラ(イスラエル生まれ)。

 早速、女性政治家のカディーマ党のツィピー・リブニーは、アヒモビッツに祝辞を送っている。

 どの程度の実力者か、小生には未知数である。野党の健全な敢闘を願う。
 社会正義の追求は、ユダヤの伝統で、見失ってはいけない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/927-f16f910b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。