カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連における動き
 イスラエルの国連代表団は、今のところ、満足の様子だと、イスラエルYnetnewsが伝えている。

 昨日から、国連総会が始まったが、そこでオバマ大統領の演説はしっかり話し合いによる交渉を説き、国連で国家承認案を否定した。
 パレスチナは、失望のあまり、オバマは選挙におけるユダヤ票だけを考えて、イスラエル寄りだと、八つ当たりの非難をしている。

 しかし、オバマの中東政策は、明確である。当事者同士が平和は忍耐をもって交渉する以外にないと。

 イスラエルは、アラブの春の現実を見誤らぬよう、イスラエル情報部の秘密情報を提供している模様。
 エジプト政府の弱体化と不安定につけ込んだ、アルカイダのシナイ半島進出という情勢も、欧米の頭を冷やすことになったという。
 ハマスの動向は要注意であり、パレスチナを国家と見なす危険は座視できないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/926-d29b5c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。