カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスチャイルド家と日本ーーあるチャリティ・コンサートの感動
 8月31日は、本当に素晴らしい夕べを楽しんだ。
 シュルロッテ・デ・ロスチャイルドのソプラノコンサート。
 東日本大震災のチャリティ・コンサートととして、開かれた。
 私の知人のグループが、東北被災地の子供たちの未来のために、手作りの活動をしている。
 寄付金で学資支援をしたり、音楽で心の癒しを提供したり、などと。
 本当は被災地で開きたかったようだが、会場の都合や彼の地で寄付金募集は相応しくないので、横浜で行われた。
 さて、シャルロッテさんは、イギリスのロスチャイルド家6代エドムンド卿の令嬢。
 大変美しく、お声も同様美しく、日本の歌謡をも歌われたが、心に入ってきた。涙を流す方々が少なくなかった。
 「夏の思い出」、「宵待ち草」、「カラタチの花」など、日本人以上に抒情に満ちた歌声。
 彼女は、ユダヤ人の魂はこのような日本の歌に共感するのですよ、とこれもよどみない日本語で語られた。

 知らなかった。ロスチャイルド家が大変親日的で、お父上のエドムンド氏が日本国の勲一等瑞宝章を授与されているほどとは
 そんな関係で、シャルロッテさんも、日本が大好きで、よく来日されているそうだ。

 歴史的に言うと、英国ロスチャイルドは、世界に雄たる金融一族で、ナポレオン戦争で巨富を得、その後スエズ運河、ユダヤ国家建設、新橋横浜鉄道開通、日露戦争の外債引き受け、関東大震災復興などの資金提供が知られている。
 イスラエル建国後、エルサレムの国会(クネセット)の建物も寄贈している。
 
 シャルロッテさんが、歌った歌の一つは、曾おばあさんの作曲のもの。そのマチルダさんはショパンに習ったというから、もう驚きだ。19世紀音楽家の数々を支援してきたのも、ロスチャイルド家である。

 だから、日本との意外に親しい関係に、あらためて感動している次第。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/903-f0ebea83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。