FC2ブログ
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの交通事情
 アメリカの交通手段は、圧倒的に自動車である。言うまでもない。
 だから、運転が出来なければ、生活の自由度は断然少なくなる。

 それでも、ここシアトルおよび郊外は公共のバスがよく整備されている。最初の頃は利用させてもらった。
 カークランドからシアトルのダウンタウンまで、約30分以内で行ける。15分か20分の間隔で走っている。
 料金は、シニアー(65歳以上か)なら1ドルで乗れる。しかも、乗り継ぎチケットをくれるので、帰りはそれを使えば往復1ドルですむ。日本のバス料金に比べれば、大いに安い。
 バスが整備されているのは、ダウンタウンでの駐車の問題がある。駐車料は高い。だから、通勤する人も自動車で、ある停留所まで乗ってきて、そこにある大型の無料駐車場に置いておいてバスでシアトル市内まで行く。便利なシステムだ。
 とにかく、アメリカでは個人の自家用車があふれ、早晩行き詰まるだろう。もっともフリーウエーなる高速道路が発達しているから、日本に比べれば、格段に便利であるのは間違いないが。

 鉄道はどうなのか。かつては大陸横断鉄道がアメリカの立派な交通手段の花形だった。まあ、19世紀の頃かな。
 それでも、アムトッラクという公共の鉄道システムが全米にある。その鉄道会社が、シアトル=ポートランドの旅客列車を、もともとの貨物列車の線路を利用して、走らせることにした。自動車社会の改善を目指したのだろう。
 なんと、その最初の列車が、18日の月曜日に猛烈な脱線事故を起こした。
 そのニュースをテレビで見て、びっくり。比較的に近いところであった。昨日あたりから、その原因が分かりだしているようだが、列車のスピードの出し過ぎもあったらしい。制限時速30マイル(48キロ)のカーブを80マイル(128キロ)で突っ込んだという。線路はたまたまインターステート(州間高速)5番の上を通っていた。線路から下の高速道路に車両が落ちている。
 鉄道の運転技術のイロハではないか。アメリカは鉄道向きではないのかな。こんな危ない鉄道には乗れないなあと思った。
 よく言われたが、鉄道の旅も面白いよと。車窓からの風景もすばらしい。シアトルからバンクーバーまでのアムトラック鉄道は良い、って。くわばら、くわばら。
 アメリカはやはり車が一番か。遠距離は飛行機で。
スポンサーサイト

コメント
ブログ復活ありがとうございます
久しぶりに河合会長のお便りを拝見させていただき、お元気で暮らしてらっしゃることにとても嬉しく思います。
日本では各界でイスラエルとのコネクションができつつあるようですが、やはり一人離れて住む民と言われるユダヤ人の心情に立った文章に日本語で触れることは少ないです。谷内社長も頑張っておられますが、河合会長にこれからも末永くご教示いただけると大変ありがたく、嬉しいことです。
[2017/12/21 17:27] URL | 青木隆明 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2902-615219cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。