カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサレムはユダヤ民族の首都
 1月20日は、米国で新大統領の就任式が行われる。世界のメディアが注目しているのは、言うまでもない。
 イスラエルに関心のある1人としてトランプ政権の新中東政策に、これから注視していきたい。まず、アメリカ大使館をエルサレムに移すかどうか。この公約を果たすかどうかは、予断を許さない。アラブ世界の反応を予想すれば、あまりにも危険すぎると、各方面から言われる。特に、去りゆくオバマ大統領が警告を発した。
 政治的には、あながちその警告も見当外れとは言えまい。

 ただし、イスラエル政策に関しては、オバマ大統領の最後の1ヶ月のあり方は、反イスラエルに偏っていたのではなかろうか。国連安保理事会の「イスラエル入植活動非難決議」に拒否権を使わなかったこと。これはこれまでの米国になかったことである。それと、ケリー国務長官がフランスのオランド大統領の主催する「パリ平和会議」と称する会に参加して、イスラエルとパレスチナの2国家共存案を支持する国際会議を支持した。1週間に迫った政権交代の最後に、「いたちの最後っぺ」みたいな挙動である。本気になって、イスラエル・パレスチナの和平を推進する気など感じさせない。だからイスラエルもパレスチナも参加しなかった。

 オバマ民主党政権は、結局、イスラエル・パレスチナ問題の解決に関しては、いささかも前進させることはできなかった。本当は入植地が真の問題ではないのである。
 1947年国連のパレスチナ分割案の趣旨は、ユダヤ人のアラブ人の2国を独立させるとした。アラブはそれを拒否して、全面戦争をしかけて、失敗した。イスラエル国は独立した。1967年の第3次中東戦争(六日戦争)で、イスラエルを抹殺を唱えたエジプトは敗北。その後、アラブ世界は対イスラエル政策として、イスラエルとの交渉を完全拒否、イスラエルの存在を否定した。この歴史的経過を見れば、イスラエルのネタニヤフ首相の主張「イスラエルがユダヤ人国家であることをパレスチナはまず認めよ」が当然の前提であろう。しかしパレスチナのアッバスは依然それを認めたくない。
 
 今年は、ちょうど1967年六日戦争から50年目を迎える。この半世紀、イスラエルの希望に反して、アラブとの和平はならなかった。パレスチナとのオスロ合意も破綻し、世界の非難は依然として衰えず、国連の反イスラエル運動は続く。反ユダヤ主義はヨーロッパに潜在する。それでイスラエルの人々は、50年目を迎える六日戦争の勝利を表立って祝えない。否、祝わないように、思い出さないように努力する向きもある。
 しかし、政治的には問題を残してきた50年間であったが、ユダヤ民族史の観点からはどうなのか。2000年前ローマ帝国に滅ぼされたエルサレムをユダヤ人が回復したことは、聖書の預言といえないだろうか。エルサレムは、ダビデ王が建都して以来、ユダヤ人国家の首都であった。それゆえ、イスラエルがエルサレムを首都としているのは当然である。
 キリスト教もイスラム教も、ユダヤ教の一神教から発した。旧約聖書を共に重んじるのなら、ユダヤ人とエルサレムの不可分の関係は理解できるはずである。

 エルサレムの理解は、政治問題を離れて、歴史と伝統とユダヤ人の心情に思いを致してみる必要がある。
 トランプ大統領が発想したのは、国際政治学からではなく、聖書的世界観からであるとすれば、幸いである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2894-d1439513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。