カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
100歳の誕生日を迎えたユダヤ人カーク・ダグラス 
 あけましておめでとうございます。新年、最初のブログを書きます。仕事場を離れて、しばし物書きから遠ざかると、書くのが億劫になる。頭のぼけ防止のためにも、ブログを再開します。

 まずは、気楽に語れる話題。
 アメリカのハリウッドの大スター、カーク・ダグラスが満100歳の誕生日を迎えたそうだ。昨年の12月9日。Jerusalem Postのコラム・ニュースによれば、その紹介がすごい。
 映画俳優、監督、プロジューサー、作家、慈善家という。その上、大の親イスラエル家である。
 それもそのはず、彼はロシアからの貧しい移民の子として生まれた、ユダヤ系アメリカ人。
 子供の時から、生きることすら苦労、いろいろの仕事をして、そうして役者としての自分の才能に目覚め、映画界に入った。
 有名な出演兼プロジュースした映画は『スパルタカス』で、制作に難儀をしたが、ジョン・F・ケネディー大統領がこっそり鑑賞してほめたのが有名になり、映画は大ヒットした。自分もローマ帝国時代の様子をしのんで、楽しく観たものだった。

 まあそんなに映画ファンでもないので、詳しいことは何も言えないが、カーク・ダグラスがユダヤ人であるのは知っていた。
 面白いのは、83歳の誕生日に、第2の成人式バルミツバーを挙げて、「Today, I am a man! 今日、ぼくは大人の男になった」と叫んだという。ウェストロサンゼルスのシナゴーグにて。

 100歳の誕生日の祝会は、息子のマイケル・ダグラス夫婦が催した。150人以上のファミリーやセレブがお祝いに駆けつけた。イスラエルからも。皆彼の慈善に与った諸団体の人々だという。彼の寄付金は118百万ドル(=130億円)にもなるそうだ。
 息子に言った、「You have to give back. I came from abject poverty. I didn’t dream of becoming a millionaire. So you have to pay back. (世に)返さなければいけない。私は貧乏のどん底からやって来た。百万長者になるなって夢にも思わなかった。だから、お返しするんだよ」

 ダグラスは今もラビの元でトーラー(聖書)を勉強している。彼曰く、
「トーラーは今まで書かれたもののうちで最も偉大な『脚本』だよ。そこには熱情、殺人、姦淫、あらゆるものがある」

 彼はイスラエルの上に祝福を祈り、イスラエルの人々に平和が来ることを心底願っている。
 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2893-3fa90963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)