カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
古道を求めて
 2016年を送る大晦日である。来る年を迎える所感を。

 良寛禅師の歌にこういうのがある。

  ますらをの ふみけむよよの ふるみちは あれにけらしも ゆくひとなしに

 「ふるみち」は古道の意。「あれにけらしも」は荒廃してしまった、道もあるかどうか分からない様。
 「ゆくひとなしに」は、行く人もいないの意である。真の仏教の道を継ぐ者がいない嘆きであろうか。それを独り歩まんとの雄渾なる決意か。

 芭蕉の「この道や ゆくひとなしに 秋の暮れ」を連想する。
 良寛はこの先人の句を知っていたのであろうか。

 「道」としか表現できないが、分かる人には分かる。それで十分だ。
 日本文芸史上、もっとも光っておられるのは新古今集を編まれた後鳥羽上皇。

  奥山のおどろがしたも ふみわけて 道ある世ぞと 人に知らせむ

 イエス・キリストは「われは道なり」と言われた。

 預言者エレミヤは記している。
  エホバかく言い給う、
  「汝ら道に立ちて見よ、古き途(みち)については尋ねよ、『いずこに善き道ありや』と。
  かつその道を歩め、さらば汝らの霊魂に休息を得ん」(6・16)
(口語訳:あなたがたは分かれ道に立って、よく見、いにしえの道につき、良い道がどれかを尋ねて、その道に歩み、そしてあなたがたの魂のために、安息を得よ)

 これからの人生の歩みを想うとき、どこどこまでもキリストやその御弟子たち、代々の聖たちがつくってくれた古道を踏み分け入りたいと思う者である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2892-5c22e84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)