カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヌカとクリスマス 共通点あり 今週の聖句「ミケッツ」と重ねて考えると
  今年の12月25日は、偶然にキリスト教のクリスマスとユダヤ教のハヌカの祭りが一致した。ハヌカは今日から8日間続く。それで最終日は1月1日に来る。逆に、キリスト教ではクリスマスの前にアドベント(待誕節)という4週間の備えがある。
 ただし、共通点がある。それは光の祭りであることだ。
 冬の季節が到来すると、日が短くなり、光が恋しくなる。非宗教国の日本でクリスチャンでもないのに、世の中はクリスマスをまあ世俗的だが、迎えている。その迎え方に、イルミネーションは都会で盛んである。家の近くの小さなバラ庭園でも然り。日本のクリスマス風景を、あながち、コマーシャリズムのせいとして批難するにも及ばないと最近は思いだしている。人は「光」を求めているからだ。まだ分からないそれを人々は求めている。

 さて、今週の聖句は「ミケッツ」創世記41・1~44・17である。ヤコブの息子ヨセフと兄弟の出会いの物語が、その内容。
 兄弟に厭われてエジプトに奴隷と売られたヨセフが、奇しき運命で(すなわち、神に祝福され恵まれて)エジプトの宰相になった。
 飢饉のためにヤコブの子らはエジプトに食糧を求めに来た。兄弟たちを認識したヨセフがいろいろと企む。
 今週の聖句から何を学ぶべきか。まだ、ドラマは途中であり、次の週の部分で大展開する。
 今週では、異国の地で成功したヨセフが、自分の身分を隠し、兄弟に対応している。復讐をしようというのか? 全部を見なければ、天の意図は分からない。壮大なユダヤ民族の歴史は今も、人には不可解な展開で、続いているといっても良いかもしれない。

 シナゴーグで同時に読まれる預言書は、ゼカリヤ書2・14~4・7。(預言書朗読をハフタラという)
 バビロン補囚から帰ってエルサレム再建の苦労を綴る預言書である。ユダヤ人の共通の運命を語っている。
 「大いなる山よ、おまえは何者か。おまえはゼルバベルの前に平地となる」(4・7)

 ゼルバベルとは、帰還ユダヤ人の君主(総督、ダビデの子孫)で、山とは困難を象徴する。補囚の運命から解放されたが、ユダヤ民族にはまだ再建の苦労が待っている。しかし、神は預言者ゼカリヤを通して、救いを約束し、激励する。

 ちょうど、飢饉の苦難にあったイスラエルの子らを、神はヨセフを用いて救うのが、ここの物語である。
 偶然に、ハヌカの祭りも同様なメッセージを我々に送っているような気がする。
 人生において、勝利しなくてはならぬ。信仰とは神の恵みよって勝つことである。イスラエルの名の由来のように。奴隷のヨセフのように。ゼルバベルに導かれた帰還ユダヤ人のように。ハヌカの祭りの背景にある、マカベア戦争のユダヤ人のように。

 現代のイスラエルも、国連安保理事会でアメリカに裏切られたが、心配に及ばず。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2891-273e3e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。