カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ベルリン新空港の建設 まだ出来ない
 イスラエルのジャーナリスト、ノア・クリーガー氏が「新たな反ユダヤ主義の主な理由は『嫉妬』である」と伝えたコメント記事を昨日、紹介した。それはあまりにもイスラエルが優秀な国家であるために、ヨーロッパ人はうらやましく思っていると。
 そのうえ、イスラエル国家の誤りをずいぶん指摘するのがヨーロッパ人だという。

 クリーガー氏は、彼の弁論として、だれでも誤りをするし、イスラエルも同様だ、しかしドイツも訳の分からない誤りをしているとして、一例を挙げた。それは、ベルリンの新国際空港の建設のこと。世界で最も進んだ設備で、最も美しい空港の名の下で、設計建設されて2011年に完成の予定であった。ところが、何度も完成は延期になって、やっと2016年に、といわれた。しかし、事実は、専門家によれば、2019年以前に完成は難しいとか。これが「天才」ドイツ人の仕事である。
 空港名は、ブランデンブルグ空港、またの名はヴィリー・ブラントという。計画が始まったのは1998年で、当初開港は2007年だったという。それが20年以上かかるとは!
 どうも東京の豊洲市場どころではないね。

 国家的プロジェクトが進められるときに、本質的にその国民性の総合力が問われるのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2889-de980e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。