カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
今週の聖句 「ハイェー・サラ」 アブラハムの墓地選びと購入
 今週の聖句は、創世記23・1~25・18の「ハイェー・サラ」という箇所。
 ハイェー・サラというのはサラの命(サラの生涯、サラの一生)という意味である。ところで、23章はサラの死が告げられて、アブラハムが妻のために墓地を買う物語である。ストーリーは難しくないが、よく考えてみればいろいろ難問が出てくる。
 まず、サラが死んでから、墓地の入手を試みている。なぜ前もって用意をしなかったのか。なぜこの地なのか。
 しかも、神はアブラハムにこの土地を与えると約束したのに、アブラハムはなぜわざわざ、土地の代価を払って所有としたのか。
 この墓地とは、ヘブロンのマムレの前のマクペラの洞窟であった。その周囲の畑と共に、ヘテ人(ヒッタイ人)のエフロンから、銀400シケル(原文シェケル)で買い取った。この子細な情報は説明を要するが、それはさておいて、現実に土地の売買取引を契約して、イスラエル民族が所有をしたと宣言している。
 聖書は、13章15節に神はアブラハムに「すべてあなたが見わたす地は、永久にあなたとあなたの子孫に与えます」と約束した。だから、アブラハムはお金を払う必要もなかったはずである。(しかも法外な値段だったらしい)
  このマクペラの洞窟は、やがてアブラハム、イサク、ヤコブの夫妻の墓地になった。ヘブロンのこの墓地は、現代もユダヤ教の聖地とされている。イスラム教徒も聖地として、共同管理が行われている。

 ユダヤ教の伝説は、先にふれた難問について答えようとしている。
 アブラハムは、以前からこの洞窟のことを考えていた。というか、狙っていたのである。なぜかというと、18章の3人の客人を接待するのに子牛を追っかけて、子牛の逃げ込んだ洞窟に至った。(この話を作るのに、同じマムレのテレピンの木がキーワードに使われている)。すると、エデンの園の雰囲気がただよっていた。ここは神が、アダムとエバのために掘った墓であると知った。しかし、この秘密は人に知られたくない。それゆえに、やっとサラがなくなった後に、購入する交渉をすることになったという。

 また、アブラハムの交渉の際の挨拶、「わたしは(一時の)寄留者(ゲル)です、そしてあなたがたの間で住民(トシャブ)です」(23・4)に、中世の聖書学者ラッシーは注目した。普通はさっと、ゲルもトシャブもむすびつけて、「旅のもので寄留者です」と訳してしまう。ラッシーが問題にしたのは、神がアブラハムに土地を与えると約束したのに、なぜアブラハムは土地を購入したのか。その解答を探ったわけである。
長くなるので、あとは省略します。皆さん、いろいろ考えてください。

 さてさて、老年になると、墓のことはいずれ考えざるをえなくなるものだが、アブラハムとサラの例にならっていくとしようか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2887-78b0e7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)