カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボブ・ディランのユダヤ性は知る人ぞ知る
 馴染みのないことを書くべきでないと思った。
 というのは、ボブ・ディランのユダヤ性(つまり、作品や行動でのユダヤ人らしさ)は知る人ぞ知るで、ネットで調べて見ると、ずいぶん研究されているのである。知らなかった!
 作品の中には、聖書のアブラハムの故事やヤコブの祝福、イザヤ書の聖句などを背景にして、彼の歌詞が作られているそうだ。
 ただし、本人がそれを語っているわけではない、研究者の説による。潜在意識から、彼の想像に、詩的霊感に浮かび出てくるものだったのかもしれない。

 彼はイスラエルにも60年代からしばしば訪れている。リサイタルも何度かしている。
 今回イスラエルのメディアも、彼への祝福を送り、我がことのように喜んでいる。

 ボブ・ディランはもう世界的なアーティストとして巨人である。スエーデンで、ノーベル文学賞の発表を待っていたジャーナリストはみな、大喝采したそうである。
 ポップ音楽には音痴の自分も、ユダヤファンとして、家族の受賞のような喜びを感じる。
 アメリカの社会のためにも、おめでとうと言いたい。特に、大統領選挙に見る政治の低落にがっかりしている時に。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2873-76bfb8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。