カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
エルル月の18日 素晴らしい日 バアル・シェム・トブの誕生日
 例年だと、イスラエルでは今頃、「新年」から「ヨムキプール(贖罪日)」、「スコット(仮庵の祭り)」などの季節がやって来る。しかし、今年はそれをまだ聞かない。なぜかというと、ユダヤ暦では今年は閏年。約1カ月ずれのである。
 そのかわり、昨日は、エルル月の18日。(次の月が上に述べた祭りの来るティシュレー月)
 この日は、ハシディズムのユダヤ教徒(特にハバッド派)がとても大切にする重要な日だそうだ。
 なぜかというと、18はヘブライ語で数値を表すと、ヘットとユッド、hとi、文字として発音すると「ハイ」になるが、これは「命」を意味する。すごく縁起の良い数字と見なされる
 しかも、エルルの18日は、1698年にハシディズムの開祖バアル・シェム・トヴの生まれた日であるという。
 バアル・シェム・トブは、ユダヤ教の精神復興運動ハシディズムをもって、ユダヤ民族の危機を救った、火のように燃えたカリスマ的人物である。現代に至るまで、彼の精神的影響は大きい。
 マルティン・ブーバーが、20世紀になって、それを紹介してユダヤ教以外にも大反響を呼んだことは、言うまでもない。

 今日は秋分の日の休日だが、祝日という感覚はないようだ。
 でも、エルルの18日というのが、バアル・シェム・トブの誕生日だった、というちょっとした新知識を心に留めていただけたらうれしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2868-2b141997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)