カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
夏草や兵どもが夢の跡 しかしイスラエルの復活は奇跡
 大型の台風10号が東北地方に上陸の見込みとのニュースを見る。被害が出ぬことを祈る。
 さて、昔学生の頃、確か大学1年生のときだったか、芭蕉の「奥の細道」を辿って東北の旅に出たことがある。
 その時のあの素朴な田舎、田園の風景は忘れられない。強烈なのは、稲作の田んぼの美しい緑の一面だった。
 そして、平泉を訪ねたときの、今のように世界遺産になる前の、夏の風景は静けさに満ちていた。
 そういえば、その前に山形の寒河江まで行って、その帰り仙山線で途中下車、立石寺に寄った。いや、逆だったかもしれない。夕方天童温泉につかろうと思ったからだ。いずれにしても名句

     閑さや岩にしみ入る蝉の声

の碑があった古寺は奥ゆかしい印象だった。なにしろ、50年以上も前だ。
 平泉では、広々として緑の田んぼを眺めつつ、

     夏草や兵どもが夢の跡

の句に感動したものだ。学生の一人旅は、伊豆の踊子の書生の気分だったが、そんなロマンが一切無かったのは残念。

 平泉の秀衡が屋敷跡の標識を見たって、藤原三代の栄華は夢想だにできない。
 歴史の中に栄枯盛衰した国々は無数にあろう。エジプトも、ローマも、カルタゴも遺跡のみだ。
 イギリスの歴史家トインビーは、ユダヤ民族を化石化した一例と引用していた。確かに、古代の栄光、イスラエル王国、ユダ王国、ヘロデ大王のユダヤ王国は、完全に消滅させられた。
 しかし、イスラエルの預言者らは、離散の民に「再びエルサレムに帰る」という希望を預言した。その希望を信じて、まず故郷のパレスチナに帰還したのは、一八世紀のハシディズムのユダヤ教徒たちだった。近代イスラエル建国の父ヘルツェルの100年前だった。
 そうだ、今イスラエルが復活して、イスラエル国が現存しているのは、世界の歴史に類のない奇跡なのだ。
 聖書の預言の正しかったことを証している。

 まあ、東北のことから連想して、思わぬことを書いてしまった。
 もっともっとユダヤ人の国を知ろうでは無いか。といわざるを得ない。
 

 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2860-d731ef61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)