カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預言者エレミヤの預言 「捕囚の民を帰らせる」
 イスラエルの「離散の集合」(キブツ・ガルヨット)、つまり離散したユダヤ人が帰還してくることのテーマに関心をもっている。
 最初にそのことを言ったのはモーセであるが、その後もイスラエルの預言者が機会あるごとに語ってきた。
 イスラエルの歴史を書いた書物はまず申命記であり、旧約聖書のそれ以下の書物も同じ歴史観、同じ価値観で綴られているという。イスラエル、ユダの両王国が滅亡した後に、「申命記的史家」によって書かれた、あるいは編集されたというのが、大体の学説であるそうだ。
 特に「列王記」はダビデ・ソロモンの後の時代の歴史が詳しい。旧約聖書を読む者に、列王記は必読書だ。

 ところが、列王記はユダヤの伝承では、預言者エレミヤがそれを書いたという。(実際は、エレミヤが口述し、弟子のバルクが書き残した) 列王記には一言も、エレミヤの名は出てこない。列王記はユダ王国が滅亡するところで終わっている。列王記に書かれなかった部分が「預言書のエレミヤ記」に記されたと言われる。それは何か?

 エレミヤは、実に苦難を負わされた涙の預言者、愛国者であった。旧約聖書中、私の最も愛慕する人物である。彼の伝記部分が詳しく、彼の感情が縷々表現されている。内容的には、ユダヤの民が神に愛されたのにもかかわらず何故滅ぼされねばならなかったか。エレミヤの激しい苦衷と神への訴えが文中にほとばしっている。しかし、彼は捕囚の民に手紙を送り「希望」を語った。

 主はこう言われる、「・・・わたしを尋ね求めるならば見いだし、心を尽くしてわたしを求めるなら、わたしに出会うであろう。・・・わたしは捕囚の民を帰らせる。わたしはあなたたちをあらゆる国々の間に、またあらゆる地域に追いやったが、そこから呼び集め、かつてそこから捕囚として追い出した元の場所へ連れ戻す」
(エレミヤ29・13、14)

 

 
スポンサーサイト

コメント

 連れ戻す人は、もちろん再臨の主イエスキリストです。
[2016/08/25 00:44] URL | アルト #IjUZIPhA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2859-49286595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。