カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランとボーイング社との大型商談の契約
 イランはボーイング社から同社航空機737と777を100機購入する契約を結んだ。
 ボーイング社は、アメリカ政府の認可を受けて、その契約を進めたという。

 イランと米国は、1979年のイラン革命以来断交しており、特に最近の核開発疑惑への経済制裁によってイランは航空機の新規購入や部品の購入が禁じられてきた。イランは、国営航空「イラン・エア」が航空路を支えているが、非常に困窮してきたのは確かだ。喉から手が出るほどの需要がある。
 一方、ボーイング社にしても、こんな大きな商談はやはりとても魅力がある。イランの発注で、下請け企業にも波及し、今後のシアトルの航空機産業には非常に裨益する。
 合意の金額は、250億ドル(=2兆6千億円)とされる。まあ、ずいぶんディスカウトもあるだろうと噂されている。

 米政府は、その契約をすべて検閲している。そして、今後もイランが核協議の協定を違反しないのを条件としている。

 米・イランとの関係改善がそんな経済的利益をもたらす以上、イスラエルがどんなに反対してわめいても、イランとの核合意はひっくりかえらなかったはずである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2848-935ae66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。