カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
ネタニヤフ首相の強気 米国ミサイル支援は無くならないから心配するな
 昨日のブログで書いた、アメリカのミサイル防衛支援予算の削減について、イスラエルでは直ちにネタニヤフ首相への非難が始まっている。彼がオバマ大統領と仲が非常に悪く、その対応にも原因があるとした。
 それに対して、ネタニヤフ首相は「パニックになる必要はない。予算は無くならないし、増額されるだろう」と表明したという。
 さてどうなるか。2017年のイスラエルの安全と防衛は、どうなるか。国防大臣を交代させた首相の腹づもりはいかがか。

 リーベルマン新国防相は、軍人出身でなく、戦争経験はない。国民の中には、右翼で強硬派のリーベルマンが口先では景気がいいが、軍事のことを分かっていないのに、心配する向きが少なくない。
 前国防相は、国防軍の総参謀長を経験し、戦争のことはよく分かっていた。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2842-60ad29b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)