カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャブオット(七週の祭り) ダビデ王を想う
 今日は、七週の祭り(シャブオット、ペンテコステ)である。
 イスラエルのキブツでは、この日は収穫祭として祝う。ちょうど、小麦の収穫の季節。もちろん、いろいろの農作物を下さった神への感謝の日として、楽しく子供らと一緒に祝うのである。
 シャブオットには、乳製品が食される。

 一方、ユダヤ教ではこの日は、モーセがシナイ山で神より十戒を授けられたことを記念する。
 出エジプト記の19~20章を朗読する。
 長い離散の時代には農地を持つことはかなわず、農作物の収穫を捧げることは出来なかった。
 その代わり、出エジプトの十戒伝授の日としてお祈りをすることになったのであろう。

 伝説では、この日にダビデ王が生まれ、亡くなったとされる。
 それで、いつしかこの日に、ダビデ王の曾祖母のルツについて書かれた美しい物語「ルツ記」が読まれる。
 ルツ記はベツレヘムが舞台だが、後にダビデの子孫として生まれたイエスは生誕地が同じベツレヘムというのも、神のご計画か。
 明日も第2日目として守られる。皆さんも、この機会に「ルツ記」を開けられたらいかが。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2837-c7a08748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。