カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾薬の丘の記念館
 エルサレムの弾薬の丘には、六日戦争に命を捧げた若きイスラエルの兵士を追悼する記念館がある。
 そこは何と私立の施設で、パレスチナを思いやって(戦った敵はヨルダン軍である)、国の施設になっていなかった。そういうことは知らなかった。
 国がそこを管理して大事な記念館にしようとの議論はあったが、反対があって出来なかった。 
ところが、今回国防相になったリーベルマン氏は、すぐに国防省主管の国立記念館を造ることを決定したという。
さすが、この点は勇断がある方である。

 今日は西暦で、1967年6月7日、エルサレムの旧市街、嘆きの壁がユダヤ人に帰った記念日なので、こんな話題を立て続けで申しわけないが、書かせていただいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2832-ad2d1d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。