カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ自爆テロ事件の意外な展開 多数のイスラエル人ツーリスト被害
 昨日のトルコ、イスタンブールでの自爆テロ事件は、意外な展開になった。
 まず、テロの犯行が「イスラム国」に関係する者によると、トルコ官憲は言う。クルド人ではないと。
 トルコはクルドにもISIS(イスラム国)にも空爆など実行してきた。

 つぎに、自爆テロは、観光客をねらっい、しかもイスラエル人の観光団に攻撃の的を絞ったようにも思われる。
 3人の死者と11人の重軽傷の負傷者が、イスラエル人であった。
 やはりと危惧したとおりになった。
 イスラエル政府は、直ちに医療班を運ぶ空軍機をトルコに飛ばし、イスラエルの死傷者を本国に運ぶという。
 
 死者の中には、米国市民権を持つ者もいた。トルコ市民の被害というより、外国のツーリストがやられたのも、今回の特徴であったとは、トルコにとって痛し痒しであろう。
 世界の関心は、パリにおけるテロ事件よりも、薄いらしいが、そうあってはならない。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2765-4ab5ca07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。