カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
アメリカ副大統領 PAを「テロを非難しない」と言って非難
 ただ今、バイデン米副大統領夫妻が、イスラエルとパレスチナを訪問中。
 ちょうど、テルアビブでアメリカ人が殺されるテロ事件が起きたばかりだ。
 バイデン副大統領は、パレスチナのアッバス議長に会見したときのことを、ネタニヤフ首相に語った。
 そして、アッバス議長がテロ事件を悪と非難しないことを非難した。

 かげでは、アッバスの与党ファタハはテロ犯人を英雄、殉教者として称えているのだ。
 
 テロ犯に対して身を守るために銃撃するのに、イスラエルは過剰防衛だと非難している西欧メディア
 自国の市民が巻き込まれると、やっとパレスチナを非難する。アメリカとは言わないが、
 いかに理不尽なテロにイスラエルがさらされていることか、を知るべきだ。

 日本のメディアは、無関心である。平和ぼけ!
 数日前も、日本人の巡礼者がエルサレムで石撃ちにあうテロ被害を被った。(Jerusalem Post報道)
スポンサーサイト

コメント

河合さんの日記は日本のメディアで報道されないイスラエル事情を詳細に知らせてくださるので、とても参考になります。そして、何よりも河合さんの筆致は知的好奇心をそそられます。
イスラエルのテロ対策である防御的先制攻撃は必ずしも非難されるものではなく、日本国内で平穏な日常を過ごしている私たちとは防御に対する姿勢が異なると思います。
昨今の一個人による犯行は事前に防ぎようが無く、何とも閉塞感漂う殺伐としたものを感じました。
大学時代、礼拝堂で新訳聖書よりも旧約聖書に魅せられた私にとってはイスラエルの地に平和が訪れることを願っております。

[2016/03/10 14:47] URL | 美穂 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2755-bbcc788e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)