カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶滅収容所トレブリンカ 最後の生き残り 逝去
 19日に、ナチ絶滅収容所トレブリンカの最後の生き残りサミュエル・ウィレンバーグさんがイスラエルの地で亡くなった。
 ポーランドで1923年に生まれ、今年92歳だった。
 トレブリンカといえば、最も悪名高い、ユダヤ人抹殺の施設である。1943年に収容者が反乱を起こし、そのリーダーの1人がサミュエル氏だった。300人くらいが逃亡したという。その後、施設は存在を秘匿するため完全に破壊された。現在、記念碑以外何も残っていない。
 それだけに、トレブリンカの生き証人としてサミュエル氏は重要な役を果たしてきた。
 逃亡したユダヤ人も、多くはドイツ軍に追跡されて殺された。サミュエル氏は、レジスタンスに加わり、生き残り、1950年にはイスラエルに移住することができた。

 サミュエル氏の逝去は、世界中のユダヤ系マスメディアに、報道された。それだけに、ホロコーストを絶対に風化させないユダヤ民族の強い意思が感じさせられる。

 付け加えていうと、トレブリンカは孤児院院長コルチャック先生が子どもたちと共に送られた収容所。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2735-33e4d030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。