カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト大統領 ネタニヤフ首相をほめたかどうか 評判と批判あり
 アメリカのいろいろのユダヤ人組織の代表より成る訪問団が、トルコやエジプトを訪れて、それぞれの首脳と会談しているそうだ。
トルコでは、エルドアン大統領と、エジプトではシシ大統領と会っている。

 ところで、エジプトでの会見で、シシ大統領がイスラエルのネタニヤフ首相をほめている発言が、どうも不正確にネットなどで広まり、エジプトでは話題を呼び、また問題視しているとの動きもある。
 
 エジプト・イスラエルの関係についていえばは、あのサダト・ベギンによる和平条約締結以来、ずっと条約は守られてきた。
 国際関係の歴史上、これは稀有な出来事と言ってよい。
 政府間はそうなんだが、国民のレベルでは非常に冷たい関係が続き、お互い理解し合っているとは言えない。

 だから、シシ大統領が、「ネタニヤフ首相は非常に優れたリーダーである。中東のみならず、世界のリーダーとなる力がある」という発言がエジプト国民に受け入れられる基盤はないようだ。

 その発言が本当かどうかは分からない。しかし、シシ大統領はイスラエルのシナイ半島譲渡、そして現在エジプト軍の駐留を許し、テロ掃討に理解を示すのは、ネタニヤフ首相の懐の深さを示すのはまちがいない。ガザのハマスに対しても密かに共闘している感じだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2734-a69cc542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。