カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブロンの近郊で ユダヤ人婦人が家の前で殺される惨劇
 この日曜日、イスラエルのヘブロンから南の入植地オトニエルで、家の玄関先で婦人がテロリストによってナイフで刺され殺された。
 被害者のダフナ・メイールさんが、子どもの見ている前で殺された、何という悲劇だろう。
 ダフナさんは、39歳の看護師で、子どもが6人遺児となった。
 月曜日にエルサレムに葬られた。

 オトニエルは、西岸地区の中にあってユダヤ教正統派の人々が住んでいる。住居地の周りには、何の防御フェンスもなかった。ヘブロンは、ユダヤ人にとって族長アブラハムらの墓があり、聖地である。それ故の入植地であろうが、非常に危険すぎる。

 昨年9月以来続く、パレスチナのテロによって28人目の死者だそうである。
 一連のテロ事件の犯人が、ヘブロン出身による比率が大きい、と警備当局は指摘している。
 150件のうち55件もヘブロンのパレスチナ人によるという。
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2725-5ac0cd67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。