カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン サウジを非難「米国とイスラエルに奉仕している」
 サウジはイランと断交したが、この事件の真相と今後について、佐藤優氏が次号の弊誌「「みるとす」に寄稿してくれた。
 中東情勢の理解に大変役立つと思う。

 さて、ロイター電によれば、昨日イランの司法長官がサウジを非難する声明を出して、次のように言ったという。
サウジの指導者の非合理で愚かな政策は、ただイスラム教徒の世界を弱体するのみで、サウジは米国とイスラエルの利益に奉仕している」

 しかし、サウジの国内でシーア派のリーダーが反サウジのテロ活動を煽動していた、そのリーダーを処刑したのもサウジの論理にかなうものではないだろうか。

 ただし、サウジがイスラエルに好意的なのはもう周知の事実である。サウジにとって、憎き奴はイラン! そのうちにイスラエルと手を取り合って、イランをやっつけようと言い出しかねないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2720-51ef63f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。