カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出エジプト記の世界」 ユダヤ民族最高の体験! 「味わいのある本です」
 雑誌「みるとす」のベテラン寄稿者に、池田裕氏(元 筑波大学教授)がおられる。
 イスラエルでは10年も暮らし、ヘブライ大学でドクターを取得された、旧約聖書の大家で、常日頃から尊敬している。
 日本人の心で聖書を読み解こうとされる、その精神はものすごく大事で、外国の文献のコピー屋になりがちな研究者とは大いに違う。日本には希少な学者だ。
 味わい深いエッセイは、弊誌の自慢の記事である。

 この度、「出エジプト記の世界」を出版したが、池田先生のコメントがいただけたら、と思っていた。
 幸い、次のような感想をいただいた。短いけれど、内容紹介に適切と思い、引用させてもらおう。

また、本日、河合一充編著「出エジプト記の世界」をいただきました。有難うござい
ました。「出エジプトは第一に、最高の宗教的意味をもつ出来事、・・・イスラエル
の民族意識に永遠のシンボルになった」というサルナ教授の言葉ではじまる本書は、
従来の注解書とは違って読みやすく、味わいある本です。
帯にある「出エジプト記はユダヤ民族最高の体験!」は、「みるとす」最新号の拙稿
のタイトル(キーワード)のタイトル「最高の瞬間」(としての出エジプトの出来
事)とくしくも相通じるものなので、嬉しくことさら親近感を覚えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2704-1a1854f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。