カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
旧約聖書の歴史を証明する考古学的発見 ヒゼキヤ王の「印影」
 古代イスラエルの歴史や旧約聖書に興味と関心のある向きには、驚嘆と喜びを与えてくれる発見である。
 ということが、最近ヘブライ大学考古学研究所によって公表された。
 それは、ユダ王国のヒゼキヤ王の印章を記した「印影」が、エルサレム神殿の南のオフェル地区で出土したものである。
 昔は手紙などに封印する際に、粘土の小さな固まりに印章を押して、その印影が残る。それをブッラ(bulla)と呼ぶ。
 手紙などは消滅しても、ブッラは粘土などで出来ているので、火を通れば逆に一層堅くなって残るわけである。
 「印章」は見つかっていない。

 今度の出土が画期的なのは、ユダ王の名前が記されている点で、最初のものだという。ヒゼキヤ王の名は聖書では有名だったが、それが考古学資料として証明されたのである。
 大きさは約1cm(直径)で、「ヒゼキヤのもの、アハズ(の子)、ユダ王」という文字が古ヘブライ語文字で綴られていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2687-f35e26e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)