カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本とトルコ 「海難1890」に思う
 日本・トルコ合作映画「海難1890」が評判になっている。
 1890年(明治23年)に訪日していたトルコの軍艦エルトゥールル号が台風に遭遇し、和歌山県串本沖で遭難したとき、紀伊大島の村民が無私無欲で救助したという事件があった。そしてトルコの生存者を、日本は軍艦に乗せて送り届けた。
 それから、年月を経て湾岸戦争直前、イラクに残留した日本人を特別便をもってトルコ政府が救出してくれた。

 日本・トルコの友好の礎となった出来事である。当時の明治の祖先は本当に立派だったなあと感謝せざるを得ない。

 オスマン・トルコ帝国は大きかった。その誇りと伝統は今もトルコ人の胸に消えていないように思う。
 ついでに、連想すれば、あの1492年ユダヤ人追放の時には、多くの離散ユダヤ人を受け入れた史実は、オスマンの寛容さだったのだろうか。もう一度、歴史を振り返ってみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2684-91622838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。