カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
シリア難民を救ったイスラエルのヨットの話
 イスラエルに関する記事を検索するのに、大変気が重い。パレスチナ人による突然の刺殺テロやそれに類する事件が絶えないからだ。何とか静穏になってほしいと願う。

 一方、シリアからの難民のニュースも悲劇的だ。難民が押し寄せるヨーロッパも大変だ。そんな時、感動的なエピソードをネットニュースで知った。

 東地中海を航行中のヨットが、トルコ沖で海上に漂流する少年を見つけて、助け出した。それはシリアの難民の一人で、家族でゴムボートでギリシア方面に渡る途中で沈没したという。探したところ、波間に浮かぶ11名の難民をも救助することができた。
 その中で母親が死んだ幼児を抱いて離さなかった姿に胸迫られる思いをしたと、ヨットの乗り組み員は語った。
 ヨットは、実はイスラエル人の船で、助けた人々に、私たちはイスラエル人だと告げたとき、難民はありがとうといって、キスまでしたという。
 イスラエル人は、海の男としてのモラルを何よりも優先させたわけだが、イスラエルを敵対するアラブ人であろうと、人命を海上で救うことのできたことを嬉しく思うと言った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2662-dabf0d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)