カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタニヤフ首相 国連演説で44秒も沈黙 世界の沈黙を憂えて
 ユダヤ人が600万人ナチスドイツに殺されていたとき、世界は沈黙していた。
 それを思い出させようとの必死の演説を、ネタニヤフ首相は国連において昨日行った。
 イスラエルを破壊しようとの明確な意思を表明するイランに対して、世界は沈黙している。
 イランとの核協議の合意に、イスラエルは警告を渾身の力を振り絞って、訴えた。
 ネタニヤフ首相は、演説の途中で、44秒間も語るのを止めて沈黙し、満場を見渡した。
 

 イランのハメネイ最高指導者が、最近出版したという本をとり出し、言った。
「この400ページの本の中には、どのようにイスラエルを滅亡させるかの計画が書いてある。
ハメネイ師は25年後にはイスラエルはない、と言っている。
イスラエルを公然と破壊すると宣言するイランと世界は協定を結び、通商を急ぎ開始しようとしている。
これでは平和につながることではない」

と。

 こんな国連に委ねて、国の、民族の安全は守れない。それは、日本にも通じる国際常識かもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2656-bd72670f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。