カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イェール大学 愛国者 ユダヤ人
 コネチカット州を訪ねたとき、友人がいろいろの所に連れて行ってくれた。
 まずは、イェール大学に。ニューヘイブン市にある。
 目当ては、ナサン・ヘールの銅像。イェール大学生だった彼は独立戦争の時に、植民地軍(つまりアメリカ軍)のために働き、イギリス軍に捕らえられ、スパイとして処刑された。愛国者である。

 イェールといえば、経済学者の浜田宏一氏がそこで学び、後にそこで教えられたという。
 トービン教授の弟子だそうだ。同じく、 アメリカの現FRB議長のジャネット・イエレン女史も、トービン教授の弟子。

 ちなみに、イエレン女史は、家族がポーランド系ユダヤ人でブルックリン生まれ。
 アメリカの金融政策の元締めFRBに、ユダヤ系がいるとは。
 しかも、副議長がスタンレー・フィッシャー氏で、彼はイスラエル銀行の頭取も務めたユダヤ人、二重市民権をもっている。

 イェール大学を調べていたら、横道にそれた。それも、浜田宏一氏の本を読んでいたからだが、ユダヤ人のアメリカでの活躍もすごいと思った。
 FRBが新しい政策を発表するのは、おそらくヨム・キプール開けかもしれないね。ヘッドのお二人がしばらく祝祭日を守るから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2648-d86ef2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。