カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
ユダヤ新年を迎える
 2ヶ月間、ブログを休んでいましたが、今日から再開したいと思います。
 奇しくも、今日はローシュ・ハシャナ、ユダヤ暦で新年ですから、うれしいです。
 ティシュレーの第1日です。今年は9月14日(実は、昨夕から)に当たります。
 全世界のユダヤ社会で、この日は祝われています。家庭では、「次の1年が甘い1年でありますように」と願って、甘い蜂蜜をリンゴなどにつけて食べます。お互いに祝福し合うのは、良いしきたりですね。
 シナゴーグでは、ショファールを特別に吹きます。
 いつも月の初めには、ショファールの吹鳴がありますが、特にローシュ・ハシャナでは長い音が鳴らされます。
 なぜ、ショファールの吹鳴があるのか。いろいろ解釈が与えられてきました。

 日本人も1月1日の新年を特別な気持ちで迎えますが、ユダヤ人にとっても新しく出発する気持ちと1年を顧みて反省し神に懺悔し、10日後の贖罪日(ヨムキプール)を期して生まれ変わるような大切な時期だそうです。

 ローシュ・ハシャナは、天地創造のはじめ、神と人の出会いをも思い起こし、それを記念する時でもあると言われます。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2643-fb38b7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)