カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバー戦争に備えるイスラエル
 サイバー戦争。まさに、現在進行形の、そして今後の主要な戦いの形態であろう。
 つい数日前、スイスのホテルがサイバー攻撃されたというニュースが流れた。
 WSJ誌の報道である。イランの核協議の会場になっているホテルに、Duquというマルウエア(悪玉ヴィールス)がコンピューターシステムをスパイしたという。
 (先日も、アメリカでもサイバー攻撃の大規模な被害があった。)

 すぐに、イスラエルが下手人のようなメディアの報道である。
 しかし、WSJ誌は、そのニュースソースをロシアのセキュリティ会社「コスペルスキ」の発表に拠っているが、元の発表にはイスラエルが犯人とは言っていない。マスコミは、すぐイスラエルを疑った記事に仕立てる癖がある。
 確かに、イスラエルは世界一流のハイテク国家だから、その能力もあるし、イランの核に最も警戒しているから、動機は十分だ。

 イスラエル政府は、サイバー攻撃を行った事実はない、と全面否定している。

 現在、イスラエル国防軍は新参謀総長を得て、サイバー防衛戦に一段と取り組む方針を出している。詳しい内容は未発表だが、重要な組織編成が行われたようだ。

 日本も、うかうかしておられない。防衛省はどのように対処しているのかな。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2630-3a4e2af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。