カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジの最大の敵はイスラエルよりイラン 
 アラブの大国サウジアラビアは長年、イスラエルを敵視し、勿論国交もない。
 しかし、イスラエルに対するサウジ国民の感情や態度、逆にイスラエルのサウジに対する理解、これはどうも思いこみの既成イメージが大きいようだ。真実を知るべきだという、メッセージを密かにサウジの世論調査をした某イスラエル機関が発表した。(AP電、Ynetenewsより)
 世論調査によれば、サウジの敵はだれかの質問に、55%がイラン、22%がイスラム国であるのに、イスラエルはわずか18%だとする。
 そして、最大の強敵はイランであり、もしイランが核兵器を持てば、サウジも持つべきだという。この問題は、イスラエルと共闘すべきと言う意見まである。

 イスラム教国の間の相克(スンニー対シーア)のせいであろうが、サウジがイスラエルを敵と見なすことを止めたとみていいのだろう。ただし、原理主義の国サウジは、パレスチナ問題の解決がイスラエルとの国交の条件である点は譲れないらしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2625-fc9444c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。