カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エルサレム・デー」は何の日? 3将軍に敬意を
 5月17日はユダヤ暦イヤルの月28日、この日は「ヨム・イェルシャライム」つまり「エルサレム・デー」として祝われる。
 聖書に出てくる祝祭日ではない。
 この日は48年前、六日戦争でエルサレムがイスラエルに統合された記念日である。
 ユダヤ暦でその年の6月7日はイヤル月28日だった。

 「ボネー・イェルシャライム エルサレムを再建し給う神よ」という祈りが遂に聞かれたのである。

 有名な写真がある。エルサレム旧市の門を入るイスラエル軍の3将軍、ラビン参謀総長、ダヤン国防相、そしてウジ・ナルキス将軍。大変な戦争だったが、ほんとうに奇跡的な勝利だ。もう天の摂理という意外になかった。
 このお三方も、今は天にお帰りだ。ご苦労様でしたと、記憶して心から冥福を祈りたい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2613-d82d1a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。