カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
FBI長官の「ポーランドはナチの共犯者」発言にポーランド怒る
 ワルシャワ・ゲットー蜂起記念館において、蜂起72周年が記念された催しに、アメリカの駐ポーランド大使も参加した。
 一方、アメリカのワシントンポスト紙に、関連して載った記事がポーランドの怒りを招いた。
 それは、FBIの長官が述べた演説の言葉である。
 ポーランドがホロコーストの共犯者として表現していたのである。

 ドイツやポーランドの殺人者や共犯者は悪を行っているという自覚は無かった。すべきことをしているのだと思っていた。……
 
 これには、ポーランド人は我慢ができないだろう。ポーランドもナチスドイツの被害者であり、ドイツと協力した国ではない。
 もちろん、歴史的にはホロコーストを防ぐ行為をポーランドができたかどうかは判断は難しい。
 ポーランドを占領支配していたのはドイツであり、一部ソ連であった。そしてドイツはソ連に侵攻し、完全にポーランドを手中に収めた。ポーランドはレジスタンスで戦った。ユダヤ人を救出するのが、第1義的目的でなかった。しかし、ユダヤ人を救った例は少なくない。
 ヤドヴァシェムで「異邦の義の人」として顕彰した人は、ポーランド人が一番多いのは特記していいと思う。

 FBI長官の発言は、歴史的無知と言う他はない。
 駐ポーランド米大使も、その発言はアメリカ政府の見解ではないと弁解していた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2604-d7a396fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)