カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌劇「ナブッコ」がテルアビブで 絶賛上演中
 イタリア・オペラの「ナブッコ」が今、テルアビブで上演されているそうだ。
 イスラエルでこの有名な歌劇が新しいプロダクションとなって、「イスラエルに帰ってきた」と宣伝されている。
 イスラエル人の参加とオーケストラによる。

 いうまでもなく、これはユダヤの歴史にちなんだヴェルディの作曲になる傑作だ。
 ナブッコとは、ユダヤの民をバビロンに捕囚したネブカドネザル王の名。確かに、ユダヤ人の歴史なのだが、ヴェルディは祖国イタリアの独立(オーストリアの圧制から)を願う思いが込められていたらしい。
 イタリア国民に絶賛されて、やがてイタリア統一に多大の影響を与えたという。

 つまり、イスラエルの歴史はあらゆる自由と解放を求める諸民族に力と霊感を与えていることの一証左であろう。

 私も合唱曲「行け、我が想いよ、金の翼に乗って」は大好きだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2599-3c54aa81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。