カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
「モサドのスパイ」の父親 ISILに怒り
 ISILに殺された「モサドのスパイ」といわれたアラブ青年は、ムハメド・ムサラム君といい、家族はエルサレムに住み、イスラエル市民権を持っていた。
 父親は、ISILに怒りを発し、ダエッシュ(アラビア語で「イスラム国」の蔑称)のリーダーと天国で清算しようと、神に訴えたという。絶対にイスラエルのモサドとは何の関係もない。19歳のまだ人生を知らぬ子供をイスラエルの情報機関が使うものか。ダエッシュにだまされて勧誘されてシリアに行ったが、すぐ帰ろうとした。内部事情を外部に知られたくない連中が殺したのだ。

 イスラエルとしては、沈黙を保っている。

 イスラム教徒の間でも、過激テロ組織ISILを怒っている。
 ヨルダンの国王も殲滅を誓っているのは、イスラム教に健全さが残っているしるしと受け止めたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2582-1270f97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)