カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
メルケル首相批判 ドイツの和解の巧妙さ
 ドイツのメルケル首相が来日して、お帰りになった。
新聞の報道からしか知らないが、その発言にやや違和感を感じた。
朝日新聞Digitalに、
メルケル首相は、東アジア情勢について「アドバイスする立場にない」と前置きしたうえで、ドイツが戦前のナチスの行為を透明性を持って検証した経緯を紹介した。/ 会談後の記者会見で、メルケル首相は「(ナチスドイツの)過去の総括は和解の前提になっている。和解の仕事があったからこそ、EU(欧州連合)をつくることができた」と述べ、地域の安定には和解の努力が不可欠であるとの認識を示した。

 要するに、ドイツは戦後周辺国と和解したが、日本も歴史認識において中韓に謝罪して、和解したらいい、との暗示しているようだ。 それで、
 10日付の韓国各紙は「日本に牽制(けんせい)球」(朝鮮日報)、「安倍(晋三)首相に歴史の反省促す」(中央日報)などと大々的に報じた。(産経新聞Digital)
 
 韓国は鬼の首をとったような大騒ぎである。
 ドイツの戦争処理は、非常に巧妙である。ホロコーストなどの加害を、それはナチスがやったことで、戦後のドイツは責任を持たないという原則を貫いた。
 日本は戦争後も、一貫して政府は機能したが、ドイツはナチス政権は崩壊したので、そちらに罪を負わせて、戦後ドイツの良心の痛みを逃れようとしたのである。

 日本が、反省すべきは戦前のドイツと同盟したことである。
スポンサーサイト

コメント
re:メルケル首相批判 ドイツの和解の巧妙さ
朝日は珍しくメルケル首相の公演全文をデジタル化しているにもかかわらず、どういう風に要約すればそのような文章になるのでしょうね?

>>>ドイツは幸運に恵まれました。悲惨な第2次世界大戦の経験ののち、世界がドイツによって経験しなければならなかったナチスの時代、ホロコーストの時代があったにもかかわらず、私たちを国際社会に受け入れてくれたという幸運です。どうして可能だったのか? 一つには、ドイツが過去ときちんと向き合ったからでしょう。当時ドイツを管理していた連合国が、こうした努力に非常に大きな意味をくみ取ってくれたからでしょう。法手続きでいうなら、ニュルンベルク裁判に代表されるような形で。そして、全体として欧州が、数世紀に及ぶ戦争から多くのことを学んだからだと思います」

 「さらに、当時の大きなプロセスの一つとして、独仏の和解があります。和解は、今では独仏の友情に発展しています。そのためには、ドイツ人と同様にフランス人も貢献しました。かつては、独仏は不倶戴天(ふぐたいてん)の敵といわれました。恐ろしい言葉です。世代を超えて受け継がれる敵対関係ということです。幸いなことに、そこを乗り越えて、お互いに一歩、歩み寄ろうとする偉大な政治家たちがいたのです。しかし、それは双方にとって決して当たり前のことではなかった。隣国フランスの寛容な振る舞いがなかったら、可能ではなかったでしょう。そして、ドイツにもありのままを見ようという用意があったのです」

>>>ドイツの首相として、私はアジア地域にアドバイスをする立場にはないし、するつもりもありません。それは社会的プロセスから生まれてこなければならないことです。歴史が示しているように、アドバイスをもらってうまくいくとは限らず、難しくすることもあります。一方で、平和的な解決策の道が見いだされなければならない、ということも正しい。
 ---------------

こういう部分を読んだだけでも 日本国憲法の言う「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」そのまんま、諸外国の寛容のゆえに今のドイツがあるといっているに過ぎない。

まともに読めば日本を批判している物ではないでしょうに。
[2015/03/11 16:59] URL | 頑固な寿司屋 #- [ 編集 ]

ドイツの方が大人だ
戦後のドイツが国をあげてホロコーストやナチの戦争犯罪と向き合って信頼を得たのは確かだ。歴史的、人道的にはもちろん、隣国との協調が国益に叶うという、大人のしたたかさもある。バカな安倍とは数段違う。

なぜ日本は隣国とギクシャクするのか?それもアメリカの意図である。もし日中韓がEUのように結束しては落ち目のアメリカが一層不利益だからである。

ナチのホロコーストは人道的に許せないが、イスラエルもパレスチナでは人道的に振る舞わないとナチと同類と思われるだろう。
[2015/05/10 10:22] URL | 若大将 #J8TxtOA. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2578-5bda453d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)