カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みるとす」発刊 引越 新刊のことなど 佐藤優著とラビ・ラオ回顧録
 「みるとす」2月号を発行し、5日に読者の皆様に発送した。
 もうお手元に届いている頃だと思います。今回は、ISIL日本人拉致身代金要求事件の結末以前に校了したので、そのことは記事に間に合わなかった。
 その残虐非道な殺人に、ヨルダン軍パイロットの凄惨な扱いと共に、テロ組織ISILを断固非難したい。
 一部マスコミ、自称有識者の的外れな論評、安倍首相責任論を抗議するものである。

 弊誌にはその愚論を論破する記事を載せたので、是非お読みいただきたい。

 実は、弊社は本店事務所を移転することになり、目下引越の準備と共に近刊の発刊と次期出版とであわただしい。

 16日より、中央区日本橋蛎殻町(かきがら、と読む)で新事務所を開く
 その直後に、佐藤優氏の『イスラエルとユダヤ人に関するノート』(2000円+税別)を発刊する。

 また、その次はイスラエルの元主席ラビのイスラエル・メイル・ラオ師回顧録を刊行する。
 これがすごい。ホロコーストの運命から救われ、8歳の孤児がついにイスラエルのラビ長になったのだ。
 それと、ユダヤ教のハシディズムのラビの伝統がいかに素晴らしいか、宗教の世界のすごさを知らされた。
 ただ今、滝川義人さんの翻訳原稿を校正中。
 ぜひ、4月のホロコースト記念日前に出したい。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2574-e17db299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。