カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエメンのクーデター その影響は軽視すべからず
 イスラエルの新聞には、日本人の人質事件については何の報道もない。

 重要なトピックスは、サウジの国王の葬儀と継承のこと。
 それと、いま起こっている事件に、イエメンのクーデターがある。
 現政権が倒され、イスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」が実権を掌握した模様。
 これは、サウジにもアメリカにも、痛い。
 アラビア半島の付け根、サウジ王国の辺境に、イランの傀儡政権が生まれ、そのうえアルカイダなどのイスラム過激テロリスト組織の活動がイエメンで自由になることを意味する。

 この事実は、サウジの王位が委譲される時期にやっかいな問題をつきつけている。
 イスラム国と闘う欧米にも、マイナスな要素である。

 以上、イスラエルのメディアから教えられたこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2563-32355766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。