カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに「イスラム国」 日本を脅迫
 ついに「イスラム国」は日本にも脅迫状を届けてきた。
 捕らえていた日本人2人を、身代金2億ドル支払わねば、殺すと映像を流した。

 ちょうど、タイミングを安倍首相がイスラエルやパレスチナを訪問している時期に合わせたとしか思えない。
 安倍首相は、断固、テロと戦う姿勢を表明。
 官房長官は「人命第一に対応する」と言う。
 従来の日本は、テロに屈して、金で解決した。
 もはやそれは許されないだろう。第一、金額がでかすぎる。第二に、国際社会が見ている。イスラム国との戦争時にある今、日本だけが抜け駆けはできない。

 犠牲になる日本人は、自己責任で危険なところに行った。
 どうしようもないではないか。政府はジレンマであろう。

 フランスの銃撃テロ連続事件は、口実は「イスラム国」へ攻撃を止めよと、フランスを脅したのである。
 
 今や、テロ組織が国家を脅迫している事実に、世界の人々は覚醒せねばならぬ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2556-b65b81d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。