カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人のフランスの事件に対する反応 一つの批判のブログ
 日本の世論は、今一つ、フランスの銃撃テロ事件や言論の自由に関する反応が低いように思われる。
 それだけ、平和慣れして、銃撃やテロやイスラム過激主義などとは日常から遠い、遠い話題か、出来事などなのかもしれない。

 ブログを見ていたら、「日本で言論の自由を擁護するデモが起きない理由」(三田次郎)というのがあった。
 livedoorのBLOGOSというネットニュースに転載されているので、興味があったらどうぞ。
 ライターは、仏教的世界観で諸相を観察すると言っているので、世界観の違う者にはどうかな、と思う点もある。(ステレオタイプの一神教への見方など)
 しかし、問題提起としては面白い。言論の自由について言えば、確かに、日本人は市民が戦い取った権利でもない、という指摘はそのとおり。

 ただ、自分としては、今回の事件が本質は「言論の自由」の否定・擁護ではないと見ている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2548-163953c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。