カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス大連帯デモ 世界の指導者の参加の裏話
 パリは、11日日曜日には「世界の都」になったと言われる。
 フランスとの連帯を表すために世界各国の指導者が集まり、テロに屈しないと表明する160万のデモ行進に参加した。
 写真の先頭に、オランド仏大統領の隣にドイツのメルケル首相、1人おいて右にイスラエルのネタニヤフ首相、反対の左側にパレスチナのアッバス議長。これはすごい。
 その他に、ヨルダンのアブドゥッラー国王も参加された由。
 その意味は大きい。彼は、預言者ムハマッドの直系であるし、イスラエルの首脳と同じデモに参加したのだから。

 ロシアの代表はラブロフ外相がいた。
 
 二つの事実に注目が集まる。
 アメリカの代表がいない。オバマ大統領はもちろんのこと、重要な政府代表も見あたらない。
 これについて、CNNの記者が個人的な思いとして、大変失望したと述べていた。
 それはそうだと同感。
 いや、日本の代表も見あたらない。この辺が、日本は世界の辺境の国でしかないの思われるだろう。日本の政治家の意識のありどころを問いたい。

 もう一つは、イスラエル新聞の情報だが、初め、フランス当局はネタニヤフ首相の参加を反対した。イスラエル・パレスチナ紛争と距離を置きたかったのであろうと。しかし、オランド大統領が個人的にネタニヤフ首相を招待したとか。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2547-12e67bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。