カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
ハマスはテロ組織でない  欧州司法裁判所の意見を否定するEU上級代表
 「ロシアの声」をウオッチしていると、時々違う方面から視点を見ることが出来る。
 以下は12/17の抜粋:

 欧州司法裁判所はイスラーム原理主義組織「ハマス」を、テロ組織リストから除外した。これについて、欧州司法裁判所の文書上で発表された。
 ハマスは、パレスチナにおけるイスラーム運動であり、政党としても活動している。2007年7月からはガザ地区政府の与党の座にある。ハマスの関連団体の中には、その軍事部門であるエゼディ・カッサム旅団がある。
 ハマスはイスラエル、カナダ、アメリカそして日本によってテロ組織として認定されており、同様にヨルダンとエジプトでは活動が禁止されている。オーストラリアと英国ではハマスの軍事部門だけがテロ組織として認定されている。


 ところが、欧州連合(EU)の外務・安全保障政策上級代表フェデリカ・モゲリーニ女史は、それとは反対の意見を持っている。
「ハマスは、我々のテロリストのリストに残さなければいけない」と。
 ハヌカの蝋燭を点しながら、彼女は、反ユダヤ主義との戦いも続けるべきだと、マカベア戦争の例を引きながら、ヨーロッパ・ユダヤ人の代表のラビに語った。
 EUとしては、欧州司法裁判所の結論に対して、抗議していくという。(Times of Israelより)

 ヨーロッパでも、意見は様々であるということだ。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2529-3d6afbb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)